2014年09月26日

Haswell-E

いつの間にか来ていた、8コアCPU。
http://partsdog.dospara.co.jp/archives/52395327.html

Haswell-Eだとさ。ようやく最新世代にハイエンドが。

少し前までは、まずハイエンドをリリースしてから徐々に
ミドル、ローにスケールさせるスタイルだった気がする。

ハイエンドの『分別悪品』の再利用の意味もあるとかなんとか。
(1コア不良を片肺としてリリースする、など)

最近はミドルやローエンドを先にリリースし、
後でハイエンドをリリースする傾向にある。


それにしても8コアは有効活用できるだろうか。
各アプリケーションの並列化率が問題。

デュアルコアまでは、OS側が、たくさん走ってるプロセスを
適当に割り当てればよかったので、アプリケーション自体は
並列計算しなくても恩恵はあった。

最近では4コアぐらいがスタンダードになりつつあるが、
さすがに目の前で走らせるプログラムを並列化しないと
OSバックグラウンドのプロセスを4分配したところで恩恵は少ない。

デュアルコアの出始めは、パラレル計算できるプログラムは少数だった。

最近は、どうだろう。
並列効率が良いなら、8コア16コアと増やしていきたいところだ。
posted by random-laplace at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック