2015年11月09日

Mobile wifi

WIMAXやらE-MOBILE(今はY-mobile?)などに加え、携帯各社の高速通信等
無線のインターネット契約が増えている

光ファイバーの100Mbpsを超えるものもあるようで
家庭のインターネットも無線で契約する時代が…


来るかと思っていたけど、あと5年10年は無理のようだ


大半の契約は通信容量制限が厳しく、最近では7GB/月というのが主流
(契約によっては3GB/月などもあり)

これがどういうことかというと、宣伝通りの速度(200Mbps = 25MB/s)で使い続けた場合、
5分待たずに7GBに達してしまうことになる


例えるなら…
『最高時速250kmの外車、でも1ヶ月に10kmまでしか走れません』
『最高時速が400kmにアップ!!(でも1ヶ月に5kmまでです)』
という感じだろうか


町中走るだけなら時速250kmはいらんし、かと言って
隣町まで行こうとすると、往復すらできない


結局、インフラもろくに整えないまま高速通信と宣伝するために
無理してトップスピードだけを上げたが、まともにサービス提供
できませんでした、というのが実態のようだ

月に7GBということは、アプリのダウンロードや動画鑑賞など滅多にせず、
LINEなどの用途が主になる

そういう用途なら、トップスピードは10分の1でも十分すぎる

というわけで、次に勧誘に来るときは速度は10Mbpsでいいんで
容量制限は100GBというプラン持ってきてください
posted by random-laplace at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | network | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。