2012年03月27日

Linuxディストリの現状

一時はLinuxを一色に塗り替えるかと思われたUbuntu

新インターフェース「Unity」が失敗したためユーザーが流出し、
Linux市場は再び群雄割拠する戦乱の世に突入。

最近使われているディストリとユーザーの傾向をピックアップしてみる。


・やっぱり主流に乗りたいよ派
本家ということで、Unityの使いにくさを我慢してでもUbuntuをそのまま使うものたち。
変な修正を加えていない分、バグは少ないかもしれない。

・GNOME2がよかったよ派
XfceベースのXubuntuを使おう。GNOME ShellよりGNOMEっぽい。
リーナスもXfceに逃げたらしい。

・もうGUIは最低限でいいよ派
最低限のウィンドウマネージャのみで戦うLXDEベースのLubuntuで。
基本はコマンド操作なのでこれで十分。

・新旧インターフェースハイブリッド派
Linux MintならGnome3をフルに使いつつ、従来のMintなメニューも搭載

・Unityなんて最初から関係ないよ派
元からKDE使ってますKubuntuユーザー

・Ubuntu?なにそれ?
私はフェドラー

posted by random-laplace at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。